KidsDiary キッズダイアリー ロゴ

キッズダイアリー
保育園・幼稚園・認定こども園対応

運営会社

会社名
KidsDiary 株式会社
代表者
代表取締役 スタンリー・ン・イエンハオ
設立
2016年4月21日
所在地
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町36-2ノア渋谷1101
電話番号 / FAX
03-4571-2550 / 03-6700-7996
E-mail
support@kidsdiary.jp
主な事業内容
ICT教育サービススマートフォンアプリWEBサービス開発運営

運営メンバー

Co-Founder & CEOスタンリー・ン・イエンハオ / Stanley Ng Yenhao

スタンリー・ン・イエンハオ(Stanley Ng YenHao、1984年9月25日生まれ)
東京農業大学卒。スマートフォンのアプリケーション開発者、ASOのプロフェッショナル。代表作にGirlsCamera, SugarDraw, DIY IconStyle, 東京放射線等がある。
マレーシア国籍を持っており、東南アジアを中心に日本の文化を広めている。
5カ国語を話す事が出来る。(中国語、広東語、マレー語、英語、日本語)
趣味は音楽鑑賞、映画鑑賞。特技はアプリ関係、料理、文化。
2012年GMOメディア株式会社入社、世界8ヶ国でカメラカテゴリで1位3200万DL大ヒットサービス「GirlsCamera」開発兼運営を担当していました。

Co-Founder & CTOKota Saito

大学、大学院では情報工学を専攻し、卒業後はソフト開発会社で企業向けWebアプリケーションの開発や大企業の基幹データ連携ソフトの開発を行う。次第に直接社会に影響を与えられるインターネット業界で自分の技術を使いたいと思うようになり、IT技術で社会をより良くすることを目標としてBIZREACHに転職、求人情報検索エンジン、スタンバイの運営にサーバーサイドエンジニアとして参加する。
友人のスタンリーが保育園不足に苦労したことをきっかけに、それを解決するサービスを立ち上げようとしているのを知る。そのサービスの立ち上げには自分が持っている技術が活かせると考え、活動に参加するようになる。2017年、正式にメンバーとして参加。
ネットワーク、データベースのスペシャリスト。

Co-Founder & CFOGentaro Asakura

大学在学中からITコンサルタントとして、医療器具の会社の情報管理を担当するとともに、ウェブやネットワークのプロジェクトに携わる。
公認会計士試験に合格したことをきっかけに、大手監査法人のIPO事業部に転職。IT関連、医薬関連、不動産関連、小売関連、学校法人、特殊法人などについて会計監査に従事し、IT監査の主査を務める。
その後株式会社PCPに転職し、代表として会計士の転就職インフラの構築を目指して活動。並行して、上場企業・上場準備企業の役員を務め、会社の経営支援サービスに従事。IPO、ERP関連について明るい。

Sales山村修史 / Shuji Yamamura

東京大学機械工学科
趣味 カメラ テニス。
託児所不足などの社会問題には元々関心を持っていたが、ある幼稚園経営者の方に伺った幼稚園の課題が、多くの幼稚園にも当てはまり、ITの力で解決し、日本全体の少子化問題解決にも繋がるムーブメントを起こせると思い参画。