KidsDiary キッズダイアリー ロゴ

キッズダイアリー
保育園・幼稚園・認定こども園対応

kidsdiaryとは?

キッズダイアリーは子育てを支援するサービスです。保護者と園との連携、園内の業務管理から家庭での育児の記録まで行えるワンストップサービスです。

 

3者をワンストップで管理

KidsDiary(キッズダイアリー)は園長・保育士・保護者3者が必要な機能を一つのサービスに ワンストップ型(B to B to C)での管理ができます。複数のツール管理から解放し、園内から保護者までの情報を連携しているため、今まで教職員と保護者のコミュニケーション質(PTA)と安心を革命を 起こした新しいサービスです。

 

保育士の負担管理から、待機児童問題解決の大きな第一歩!

私達が「保育士の負担低減となる切り札」を開発に取り組んだきっかけは、子供が誕生したことでした。2年前のことで、生後半年には保育園で預かってもらえるよう申し込んだのですが、待機児童組となったのが生まれて1年後。ようやく認証保育園に入園できるまでには、さらに半年かかったのです。

嫁とは共稼ぎの身であり、保育園を探して地方に移ったのでは仕事ができない。かといって身寄りの者が近隣にいない中で、子供の面倒は誰がみる?そんなディレンマの狭間で苦悶している時、新聞の「保育園落ちた 日本死ね!!」の記事には深く共感しました。

そこで、子供を保育園に日々通わせつつ、興味を持って待機児童問題の原因をたどっていくと、行きついたのが保育士さんの業務のハードワークぶり。日本の一日の勤務時間の長さは世界1位ですが、生産性ランキングでは22位。仕事の時間を長くしても、生産性は上がりません。保育園も同じなのかな?と感じています。色々リサーチした結果、私は勤めた会社を辞め、得意のソフト開発で問題解決に乗り出しました。