KidsDiary キッズダイアリー ロゴ

キッズダイアリー
保育園・幼稚園・認定こども園対応

プレスリリース

2018年06月26日

【プレス】災害に強いKidsDiary

thumbnail

地震などの緊急時にも、保護者と保育園・幼稚園が即座に!確実に!つながるサービスです!

子どもの安全と、大人の安心を約束する保育支援システム「KidsDiary」

経済産業省からIT導入支援業者に認定された、キッズダイアリー株式会社の保育支援システム「KidsDiary」は、保育園・幼稚園の煩雑な事務・連絡業務を劇的に改善して、園長さんや保育士・幼稚園教諭の皆さんに大変喜んでいただいておりますが、もうひとつ、見逃せないメリットがあります。
それは、緊急時の連絡方法が4つも用意されていること!

「KidsDiary」の緊急連絡手段には、「メール」のほか、「SMS」、「プッシュ通知」、「緊急掲示板」の3つのチャネルがあります。緊急時、保育園・幼稚園が、保護者ひとりひとりに個別に対応して時間をとられると、もっとも大事な園児の安全確保が難しくなる可能性があります。しかし「KidsDiary」なら一斉連絡が可能ですし、優先順位の高い連絡は「プッシュ通知」、詳細情報は緊急掲示板で、と臨機応変な対応ができます。しかも、全情報を園内のスタッフ全員が共有できるので、緊急時に担任の先生がいなくても心配ありません。

阪神淡路大震災、東日本大震災などの経験から、緊急時の保育園・幼稚園でもっとも混乱する作業は「誰が帰った?」「誰が休み?」「誰が迎えにくる?」といった連絡であることが判明していました。また、電話・メール・などの一般の連絡方法では、遅延が生じるケースがあることもわかっています(下グラフ参照)。そのため遅延なく即座にスムーズに保護者とつながる、独自の連絡方法の確保が喫緊の課題であることは、多くの園関係者の共通認識となっていました。

しかしご存じのとおり、多くの保育園・幼稚園は、人手不足など厳しい経営環境・労働環境にあります。日々の仕事に追われ、新しい仕事や新しいシステムに取り組む時間もお金もないと嘆く園が大変多い現状です。

「KidsDiary」は、わが子を保育園に預ける困難さに直面した弊社のCEOが、保育園・幼稚園の厳しい状況を知り、それを改善しようと開発をスタートさせたシステムです。ですから、現場で働く方々のご意見をていねいにお聞きして、現状の作業が確実に楽になること、新たに覚える必要がないことを前提に作られました。

加えて、個々の園への個別対応にも柔軟に対応できるシステムです。もちろん、緊急時の即時かつ簡単な連絡方法も、開発当初からの最優先事項のひとつでした。

「KidsDiary」は、保育園・幼稚園側からみると、膨大な事務作業を効率化し、園内スタッフとの情報共有や保護者との連絡がスムーズになること、保護者側からみると、スマホにアプリを入れるだけで遅刻や欠席の連絡がメール感覚ででき、連絡帳を介して園との情報共有も楽々、子どもの健康管理にも役立つなど、さまざまな機能を持っています。

しかも、経済産業省から平成29年度IT導入支援業者に認定されているので、今なら「KidsDiary」を導入した園に補助金が支給されます。

「KidsDiary」は、多くの保育園・幼稚園関係者のみなさま、保護者のみなさまに、必ずや喜んでいただけるものと確信しております。どうぞお気軽に下記までお問い合わせください。

 

戻る